【環境保全株式会社】アスベスト分析

アスベスト分析

アスベスト分析方法(JIS A 1481)が改正され
新たに偏光顕微鏡法が追加されました。

アスベスト分析方法(JIS A 1481)が改正され新たに偏光顕微鏡法が追加されました。
分析項目 分析方法 適用規格
定性分析
アスベストが含まれているかの検査
偏光顕微鏡法 JIS A 1481-1
位相差顕微鏡による分散染色法及びエックス線回折法 JIS A 1481-2
定量分析
アスベストが何%含まれているかの検査
エックス線回折法 JIS A 1481-3

吹き付け材及び建材中のアスベスト分析

解体工事・吹付け材等の除去工事をする際には、石綿使用状況の事前調査が必要です。

※規制対象
  • 石綿0.1%(重量比)を超えて含有するもの
  • 石綿とは、アモサイト(茶石綿)、クリンタイル(白石綿)、クロシドライト(青石綿)、
    トレイモライト、アクチノライト、アンソフィライトの6種類を指す

・設計図等で使用の有無が判断できない場合、分析調査が必要となります。

アスベスト粉塵の分析

アスベストが含まれる建物の解体時やリフォームを行うときは、空気中の繊維数濃度の測定が必要です。また、アスベストが含まれる建材・吹き付け材が使われている建物内のアスベスト空気中濃度の測定が求められています。

空気環境のアスベストの採取では、専用のフィルターホルダーやポンプ等が必要となるため、現地での試料採取から分析までを一括して弊社でうけたまわっております。

分散染色を行い、観察された繊維がアスベストかどうかを判定しながら計数すること(位相差・分散顕微鏡法)も可能です。

  • 室内空気
    ◇JIS K 3850-1 2006
    ◇「室内環境等における石綿粉じん濃度測定」(日本石綿協会 昭和63年)
  • 敷地境界
    ◇アスベストモニタリングマニュアル(第4.0版)(環境省 平成22年6月)
    ◇環境庁告示第93号(環境庁 平成元年12月27日)
  • 作業環境
    ◇作業環境測定ガイドブックNo.1
  • 解体等工事
    ◇建築物の解体等工事における「石綿粉じんのばく露防止マニュアル」(建設業労働災害防止協会)
    ◇「建築改修工事管理指針」(国土交通省)
    ◇「建築物の解体等に関わる石綿飛散防止対策マニュアル」(環境省水・大気環境局大気環境課)
  • 位相差・分散顕微鏡法
    ◇JIS K 3850-1 2006
    ◇繊維状物質測定マニュアル、浮遊繊維状粒子の測定(日本作業環境測定協会 平成16年7月28日)

お問合せ

FAX用依頼書ダウンロード

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。