【環境保全株式会社】飲料水分析

飲料水分析

飲料水分析のビル管理法に関する分析の方はこちらへ

飲料水分析の飲用井戸水に関する分析の方はこちらへ

 

ビル管理法に関する分析の方

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称:ビル管法)により、水質検査の内容、時期が定められています。あなたのところは大丈夫ですか?

分析項目

水源   水道水※1 地下水※2
検査頻度 給水
開始前
6ヶ月に
1回
1年に1回
※3
6ヶ月に
1回
1年に1回
※3
3年に
1回
検査項目 51項目 11項目 12項目 11項目 12項目 7項目
16項目 16項目
(1) 一般細菌
(2) 大腸菌
(3) カドミウム及びその化合物
(4) 水銀及びその化合物
(5) セレン及びその化合物
(6) 鉛及びその化合物
(7) ヒ素及びその化合物
(8) 六価クロム及びその化合物
(9) 亜硝酸態窒素
(10) シアン化物イオン及び
塩化シアン
(11) 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
(12) フッ素及びその化合物
(13) ホウ素及びその化合物
(14) 四塩化炭素
(15) 1,4-ジオキサン
(16) シス1,2-ジクロロエチレン及びトランス1,2-ジクロロエチレン
(17) ジクロロメタン
(18) テトラクロロエチレン
(19) トリクロロエチレン
(20) ベンゼン
(21) 塩素酸
(22) クロロ酢酸
(23) クロロホルム
(24) ジクロロ酢酸
(25) ジブロモクロロメタン
(26) 臭素酸
(27) 総トリハロメタン
(28) トリクロロ酢酸
(29) ブロモジクロロメタン
(30) ブロモホルム
(31) ホルムアルデヒド
(32) 亜鉛及びその化合物
(33) アルミニウム及びその化合物
(34) 鉄及びその化合物
(35) 銅及びその化合物
(36) ナトリウム及びその化合物
(37) マンガン及びその化合物
(38) 塩化物イオン
(39) カルシウム、マグネシウム等
(硬度)
(40) 蒸発残留物
(41) 陰イオン界面活性剤
(42) ジェオスミン
(43) 2-メチルイソボルネオール
(44) 非イオン界面活性剤
(45) フェノール類
(46) 有機物
(全有機炭素(TOC)の量)
(47) pH値
(48)
(49) 臭気
(50) 色度
(51) 濁度

注1)※1 水道水または専用水道から供給を受ける水のみ水源としている場合。
注2)※2 地下水その他の※1以外の水を水源の全部または一部としている場合。
注3)(1)、(2)、(9)、(11)、(38)及び(46)〜(51)は省略不可項目。
注4)◆の項目は、前回水質検査で適合の場合は省略可能。
注5)※3 1年に1回検査(消毒副生成物12項目):毎年6/1〜9/30の間に実施する。

関連法令等

水道法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO177.html 

建築物における衛生的環境の確保に関する法律
http://p.tl/zmKX 

お問合せ

FAX用依頼書ダウンロード

 

飲用井戸水に関する分析の方

きれいな水質を維持するため水質検査をお勧めします。

分析項目

代表的な検査項目

水源 水道水 地下水
検査項目 11項目 11項目
一般細菌
大腸菌
亜硝酸態窒素
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
塩化物イオン
有機物(全有機炭素(TOC)の量)
pH値
臭気
色度
濁度

関連法令等

水道法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO177.html 

建築物における衛生的環境の確保に関する法律
http://p.tl/zmKX 

お問合せ

FAX用依頼書ダウンロード

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。